人生朝露の如し

【読み】 じんせいちょうろのごとし
【意味】 人生朝露の如しとは、人の一生は短くはかないものだということのたとえ。

【人生朝露の如しの解説】

【注釈】 朝日が出ればすぐに消えてしまう朝露のように、人生ははかなくて短いものだということ。 『漢書・蘇武伝』の、前漢時代に李陵が蘇武に会い、健康を気遣って「人生、朝露の如し。何ぞ自ら苦しむこと此の如き」と言い、降伏を勧めたという話に基づく。
【出典】 『漢書』
【注意】
【類義】 命は槿花の露の如し/命は風前の灯の如し/浮世は夢/人生夢の如し/露の命/露の世/電光朝露/浮生は夢の如し
【対義】
【英語】 Life is a span.(人生は短い)
【用例】 「同級生も皆孫ができるような歳になって、人生の折り返し地点もとっくに過ぎた。まさに人生は朝露の如しだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス