弱肉強食

【読み】 じゃくにくきょうしょく
【意味】 弱肉強食とは、弱い者が強い者の餌食になること。また、弱い者を犠牲によって強い者が繁栄すること。

【弱肉強食の解説】

【注釈】 禽獣の世界では、強者が弱者の肉を食うことから。
生存競争の厳しさをいう。
韓愈が僧侶文暢の旅立ちを送った文章で、『韓愈・送浮屠文暢師序』に「弱きの肉は、強きの食なり」とあるのに基づく。
「弱の肉は強の食なり」とも読む。
【出典】 『韓愈』
【注意】 「弱者強食」といったり、「弱肉共食」と書くのは誤り。
【類義】 自然淘汰/適者生存/優勝劣敗
【対義】
【英語】 The law of the jungle.(ジャングルの掟)
The great fish eat the small.(大きな魚は小さな魚を食べる)
The weakest goes to the wall.(一番弱い者は壁に追いやられる)
【用例】 「弱肉強食は世の常で、消極的な者は蹴落とされてしまう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス