常山の蛇勢

【読み】 じょうざんのだせい
【意味】 常山の蛇勢とは、先陣と後陣、また右翼と左翼が、互いに連携して攻撃や防御をするため、すきがない陣法のこと。また、文章などの構成が一貫しており、破綻がないことのたとえ。

【常山の蛇勢の解説】

【注釈】 「常山」は、中国山西省にある山のことで、中国五岳の一つ。
常山に住む「卒然」という両頭の蛇は、首・胴・尾が連携して使われ、敵の付け入るまったくすきがなかったことから。
『孫子』に「故に善く兵を用うる者は、譬えば卒然の如し。卒然は常山の蛇なり。其の首を撃てば則ち尾至り、其の尾を撃てば則ち首尾倶に至る」とあるのに基づく。
【出典】 『孫子』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【例文】 「常山の蛇勢というべき完璧な戦法だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス