上手の手から水が漏る

【読み】 じょうずのてからみずがもる
【意味】 上手の手から水が漏るとは、どんなに上手な人でも、時には失敗をするというたとえ。

【上手の手から水が漏るの解説】

【注釈】 「上手」とは、そのことに巧みである人の意で、江戸時代、囲碁将棋の世界では七段の免状を持つ者を「上手」、九段の免状を持つ者を「名人」と称した。
名人と言われるほどの人でも、時には思わぬ失敗をするということ。
「上手の手から水が漏れる」とも。
【出典】
【注意】 「上手の腕から水が漏る」というのは誤り。
上手な人が失敗した時にそれを弁護したり慰めたりするときに使う言葉で、自分自身に対しては使わない。
誤用例 「普段はこんなミスなどしたことないのに、あの日の私はどうかしていた。上手の手から水が漏るというものだ」
【類義】 河童の川流れ/麒麟の躓き/孔子の倒れ/巧者の手から水が漏る/弘法にも筆の誤り/権者にも失念/猿も木から落ちる/釈迦にも経の読み違い/上手の猿が手を焼く/千里の馬も蹴躓く千慮の一失/知者の一失/知者も千慮に一失あり/天狗の飛び損ない/念者の不念/百足のあだ転び/文殊も知恵のこぼれ/竜馬の躓き
【対義】 愚者にも千慮に一得あり/愚者も一得/千慮の一得
【英語】
【例文】 「まさかプロのアナウンサーである彼女が、あんな簡単なところを読み間違えるなんて……。上手の手から水が漏ることって本当にあるのね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス