柔能く剛を制す

【読み】 じゅうよくごうをせいす
【意味】 柔よく剛を制すとは、弱い者が、かえって強い者を負かすこと。

【柔能く剛を制すの解説】

【注釈】 しなやかなものは弱そうに見えても、かたいものの矛先をうまくそらして、結局は勝つことになるということのたとえ。
『三略』には「軍神に曰く、柔は能く剛を制し、弱は能く強を制す(兵法の書にいう、柔らかいものはかえってかたいものを押さえつけ、弱いものはかえって強いものを押さえつける)」とある。
「能く」は「良く」と同義であるが、動詞の前に置いて能力の点で可能であることを表す際には「能く」を用いる。
【出典】 『三略』
【注意】 「柔良く剛を制す」と書くのは誤り。
【類義】 怒れる拳笑顔に当たらず/堅い木は折れる/木強ければ折れ易し/木強ければ即ち折る/強大は下におり柔弱は上におる/弱よく強を制す/柔剛に勝つ/柔能制剛/柔は剛に勝ち弱は強に勝つ/柔を守るを強という/茶碗を投げば綿で抱えよ/柳に風折れなし/柳に雪折れなし
【対義】
【英語】 Creaking doors hang the longest.(きしむ扉ほど長持ちする)
【例文】 「父親は息子に怒鳴りつけたが、息子が改心することはなかった。母親は息子を叱らず、優しい言葉で諭したら、息子は心を開いた。柔能く剛を制すだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス