死馬の骨を買う

【読み】 しばのほねをかう
【意味】 死馬の骨を買うとは、優秀な人材を集めるために、つまらない人でも優遇することのたとえ。また、熱心に人材を集めることのたとえ。

【死馬の骨を買うの解説】

【注釈】 一日に千里を走る名馬を買うために、使者は千金を持って出かけた。
しかし使者は、すでに死んでいたその名馬の骨を五百金で買って帰ってきた。
王が怒ると、使者は「死んだ馬の骨にさえ五百金も払うという噂が広まれば、王は馬の値打ちがわかるという評判が広がり、必ず生きた名馬を売り込みにくるでしょう」と言った。
その後、一年も経たないうちに千里を走る名馬を、王は三頭も手に入れたという故事に基づく。
【出典】 『戦国策』
【注意】
【類義】 駿馬の骨を市う
【対義】
【英語】
【用例】 「死馬の骨を買うことは、無駄金にならないだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス