四百四病の外

【読み】 しひゃくしびょうのほか
【意味】 四百四病の外とは、恋わずらいのこと。

【四百四病の外の解説】

【注釈】 「四百四病」とは、仏教語で人間がかかる一切の病気のこと。
人体は、地・水・火・風の四大から構成されていて、その調和が破れると、それぞれ百一の病気を生ずるとされる。
恋の病は、その四百四病に入らないことから。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「四百四病の外というが、彼は風邪をこじらせるよりやっかいな恋わずらいにかかってしまったようだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス