鹿を指して馬と為す

【読み】 しかをさしてうまとなす
【意味】 鹿を指して馬と為すとは、理屈に合わないことを、権力によって無理に押し通すことのたとえ。

【鹿を指して馬と為すの解説】

【注釈】 『史記・秦始皇本紀』にある以下の故事に基づく。
秦の始皇帝が死んだ後、悪臣の趙高が自分の権勢を試そうと二世皇帝に鹿を献上し、それを馬だと言って押し通してみた。
しかし皆が趙高を恐れていたので、反対を唱えた者はおらず、「鹿です」と言った者は処刑された。
「鹿を馬」「馬を鹿」ともいう。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 馬を牛と言う/柄の無い所に柄をすげる/鷺を烏と言いくるめる/白を黒という/這っても黒豆/雪を墨
【対義】
【英語】
【用例】 「あの政治家は鹿を指して馬と為すようなことを平気でするから、多くの人から恨みをかっている」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス