色即是空、空即是色

【読み】 しきそくぜくう、くうそくぜしき
【意味】 色即是空空即是色とは、この世にあるすべてのものは因と縁によって存在しているだけで、その本質は空であるということ。また、その空がそのままこの世に存在するすべてのものの姿であるということ。

【色即是空空即是色の解説】

【注釈】 「色」とは、宇宙のすべての形ある物質のこと。
「空」とは、実体がなく空虚であるということ。
「即是」とは、二つのものが全く一体不二であること。
すべてのものは、永劫不変の実体ではないという、仏教の根本教理で『般若心経』にある言葉。
【出典】 『般若心経』
【注意】 「色即是空」の区切りは「色、即是、空」、「空即是色」の区切りは「空、即是、色」である。
【類義】
【対義】
【英語】 All is vanity.(すべては空虚である)
【用例】 「この世は色即是空、空即是色だ。地位にしがみつく必要などないよ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

色即是空空即是色(しきそくぜくうくうそくぜしき)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
色即是空の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典
空即是色の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス