四苦八苦

【読み】 しくはっく
【意味】 四苦八苦とは、大変な苦しみ。また、非情に苦労すること。

【四苦八苦の解説】

【注釈】 仏教用語で、あらゆる苦しみを意味する。
『存覚法語』に「三界六道みなこれ苦なれども、四苦八苦はことに人間にあり」とある。
「四苦」とは、生・老・病・死の四つの苦しみ。
「八苦」とは、愛別離苦(愛する者との別れの苦しみ)・怨憎会苦(恨み憎む者に会う苦しみ)・求不徳苦(求めているものを得られない苦しみ)・五蘊盛苦(心身を形成する五つの要素から生じる苦しみ)。
【出典】
【注意】
【類義】 七難八苦
【対義】
【英語】
【用例】 「四苦八苦しながら頑張ってみたが、会社を再建することはできなかった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス