四面楚歌

【読み】 しめんそか
【意味】 四面楚歌とは、周囲をすべて敵に囲まれて、味方が一人もおらず孤立していること。

【四面楚歌の解説】

【注釈】 楚の項羽が漢の劉邦の軍に包囲されたとき、深夜に四方の漢の軍中から楚の歌声を聞き、楚の人々が漢に降伏したものと思い込み嘆いたという故事に基づく。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 孤立無援
【対義】
【英語】 He was surrounded by foes.(彼は敵に囲まれていた)
【用例】 「当時はまさに四面楚歌の状態で、自分を擁護してくれた人はひとりもおらず、全員が敵だった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス