死んで花実が咲くものか

【読み】 しんではなみがさくものか
【意味】 死んで花実が咲くものかとは、どんな状況にあっても、生きていればこそいつかよいこともめぐってくるものだが、死んでしまえばよいことも起こらない。どんなことがあっても生きていなければならないということ。

【死んで花実が咲くものかの解説】

【注釈】 枯れて死んだ木に花が咲いたり、実がならないことの意味から。
死を望む者に対して、むだに命を捨てるものじゃないと言い聞かせる言葉。
「花実が咲く」とは、事がうまく運んで良い結果が出るという意味。
「死んで花実は咲かぬ」「死んで花実がなるものか」ともいう。
【出典】
【注意】 「死んで花見が咲くものか」と書くのは誤り。
【類義】 命あっての事/命あっての物種/命に過ぎたる宝なし/死ぬ者貧乏/死ねば死に損、生くれば生き得/死んだ者の因果/死んでは一文にもならぬ/死んで骨は光るまい/人の命は万宝の第一
【対義】 一番楽は棺の中/命は鴻毛より軽し/命より名を惜しむ/死ぬほど楽はない
【英語】 Death is the end of all.(死はすべての終わり)
Debt is better than death.(死より借金)
【用例】 「第一志望の大学に落ちたから死にたいだなんて言うものじゃない。死んで花実が咲くものか」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス