死に馬に鍼を刺す

【読み】 しにうまにはりをさす
【意味】 死に馬に鍼を刺すとは、なんの効果もないことのたとえ。また、絶望的な状況でも、万が一の期待をこめて最終手段をとってみることのたとえ。

【死に馬に鍼を刺すの解説】

【注釈】 死んだ馬に鍼で治療を施しても、生き返ることはなく、なんの効果もないことから。
「死に馬に鍼」「死馬に鍼(を刺す)」とも。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 To water a stake.(杭に水をやる)
【用例】 「今さらそんなことをしても、死に馬に鍼を刺すようなものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス