疾風に勁草を知る

【読み】 しっぷうにけいそうをしる
【意味】 疾風に勁草を知るとは、困難や試練に直面したときに、はじめてその人の意思の強さや節操の堅固さ、人間としての値打ちがわかることのたとえ。

【疾風に勁草を知るの解説】

【注釈】 「疾風」とは、速く激しく吹く風。
「勁草」とは、風雪に耐える強い草。
強い風が吹いたときに初めて、それに負けない強い草を見分けることができることから。
『後漢書・王覇伝』に「子独り留まりて努力す、疾風に勁草を知る」とあるのに基づく。
後漢の光武帝が初めて義兵を挙げたとき、旗色が悪くなってくると帝に従っていた者たちは逃亡していき、最後まで残ったのは王覇だけであった。
そのときに帝が王覇に言ったことば。
【出典】 『後漢書』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 In a calm sea every man is a pilot.(静かな海では誰でも舵手だ)
【用例】 「疾風に勁草を知るで、部下たちの人間性を初めて知ることができた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス