知らぬが仏

【読み】 しらぬがほとけ
【意味】 知らぬが仏とは、知れば腹が立ったり悩んだりするようなことでも、知らなければ平静な心でいられるということのたとえ。また、本人だけが知らずに澄ましているさまを、あざけって言うことば。

【知らぬが仏の解説】

【注釈】 事実を知れば感情に振り回されることも、知らなければ仏のように心おだやかでいられる。
事情を知らずに平然としているさまをあざけったり、知らないのをいいことに責任逃れをする意味としても使われる。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「知らねば仏」というのは誤り。
【類義】 聞かぬが仏/聞くは気の毒、見るは目の毒/聞けば聞き腹/知らぬが仏、知るが煩悩/知らぬが仏、見ぬが秘事/知らぬは仏、見ぬが神/人生字を識るは憂患の始め/世間知らずの高枕/無いが極楽、知らぬが仏/見ぬが仏、聞かぬが花/見ぬは極楽、知らぬは仏/見ぬ物清し
【対義】
【英語】 Ignorance is bliss.(無知は至福である)
He that knows nothing doubts-nothing.(何も知らない者は何も疑わない)
【用例】 「彼に浮気相手がいることを、彼の奥さんは気づいておらず、夫婦仲は良好だそうだ。知らぬが仏ということか」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス