知らぬ顔の半兵衛

【読み】 しらぬかおのはんべえ
【意味】 知らぬ顔の半兵衛とは、知っているのに知らないふりをしてとぼけること。

【知らぬ顔の半兵衛の解説】

【注釈】 「半兵衛」とは、戦国武将の竹中半兵衛のこととされる。
竹中半兵衛は戦国時代屈指の知将で、とぼけるのがうまく、織田信長が半兵衛の元にスパイの前田犬千代を送り込んだが、半兵衛はそれを見抜いていながら知らぬ顔で犬千代と付き合い、逆に相手の情報を手にしたことからだといわれている。
【出典】
【注意】
【類義】 知らぬ干瓢猫の糞/半兵衛をきめる
【対義】
【英語】
【例文】 「妻に、この会員証は何か?と問い詰められたが、知らぬ顔の半兵衛を決め込んでやった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス