死せる孔明、生ける仲達を走らす

【読み】 しせるこうめい、いけるちゅうたつをはしらす
【意味】 死せる孔明生ける仲達を走らすとは、すぐれた人物は、死後にも生前の威力が保たれていて、生きている者を恐れさせることのたとえ。

【死せる孔明生ける仲達を走らすの解説】

【注釈】 「孔明」は蜀の諸葛亮孔明、「仲達」は魏の司馬仲達のこと。
三国時代、諸葛亮孔明は蜀と魏が五丈原で対陣している最中に病死し、蜀軍は陣を引き払って帰国しようとした。
孔明が死んだと聞いた魏の将軍司馬仲達は追撃を始めたが、蜀が反撃の構えを示すと、孔明が死んだと見せかける計略だったのではと疑い、あわてて退却したという。
【出典】 『三国志』蜀書諸葛亮伝注
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「死せる孔明生ける仲達を走らすというが、あの人の威力は未だ健在だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス