獅子の子落とし

【読み】 ししのこおとし
【意味】 獅子の子落としとは、わが子に厳しい試練を与え、その器量を試すことで一人前に育てることができるというたとえ。

【獅子の子落としの解説】

【注釈】 自分の子に苦しい思いをさせて力量を試し、這い上がってきた者だけをりっぱに育てるという意味から。
『太平記・十六』に「獅子は子を産んで三日を経る時、万じんの石壁より母これを投ぐるに、その獅子の機分あれば、教へざる中より身を翻して、死する事を得ずといへり」とある。
獅子は自分の子を深い谷に投げ落として、這い上がってくる者のみ育てるという俗信に基づく。
獅子とは百獣の王ライオンのことだが、実際にライオンが子を深い谷に落とすかというと、母親は非常に子煩悩で、父親は見た目によらず意気地がないから出来ない。
可愛いわが子にあえて試練を与えて試すということが出来るのは、深い知恵や道理を持つ人間なのである。
【出典】 『太平記』
【注意】 子供をいじめたり虐待するという意味ではない。
誤用例 「隣の家では獅子の子落としが当たり前のようで、毎晩子供の泣き叫ぶ声が聞こえてくる」
【類義】 いとしき子には杖で教えよ/親の甘いは子に毒薬/親の甘茶が毒になる/可愛い子には薄着をさせよ/可愛い子には灸をすえ、憎い子には砂糖やれ/可愛い子には旅をさせよ/可愛い子は棒で育てよ/獅子の子育て/獅子の子を谷へ落としてその勢を見る
【対義】
【英語】
【用例】 「年端もいかない幼い子に厳しくしつけることは胸が痛むときもあるが、私の教育方針は獅子の子落としである」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス