死中に活を求める

【読み】 しちゅうにかつをもとめる
【意味】 死中に活を求めるとは、絶望的な状況で、生き延びる道を探すことのたとえ。転じて、窮地の打開策として、あえて危険な道を選ぶことにもいう。

【死中に活を求めるの解説】

【注釈】 「死中」とは、死や破滅を待つ以外にない絶望的な状況を意味し、「活」は生きることを意味する。
助かる道のほとんどない状況から、なんとか生きる方法を見出そうとすること。
『後漢書・公孫述伝』に「男児当に死中に生を求むべし。坐して窮すべけんや」とあるのに基づく。
「死中に活を求む」「死中に生を求める」とも。
【出典】 『後漢書』 『晋書』
【注意】 「死中に活を入れる」というのは誤り。
【類義】 九死一生/九死に一生を得る/十死一生/万死に一生を得る/身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ
【対義】
【英語】
【用例】 「死中に活を求めて、その試合ではなんとしてでも勝つという心意気でのぞんだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス