沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり

【読み】 しずむせあればうかぶせあり
【意味】 沈む瀬あれば浮かぶ瀬ありとは、人生には浮き沈みがあるということのたとえ。

【沈む瀬あれば浮かぶ瀬ありの解説】

【注釈】 人生には良いことも不運なこともあり、不運なことばかりが続くわけではないから、くよくよしてもはじまらないということ。
人生の局面を川の瀬に見立てて、浮き沈みがあることを表している。
「沈めば浮かぶ」ともいう。
【出典】
【注意】 「浮かぶ瀬あれば立つ瀬あり」というのは誤り。
【類義】 明日は明日の風が吹く禍福は糾える縄の如し人間万事塞翁が馬
【対義】
【英語】 He that falls today may be up again tomorrow.(今日倒れる者が明日は起きる)
【用例】 「沈む瀬あれば浮かぶ瀬ありだ、今の状態が永遠に続くはずはないのだから、あまり落ち込むな」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス