釈迦に説法

【読み】 しゃかにせっぽう
【意味】 釈迦に説法とは、その道のことを知り尽くしている人に、それを教しえようとする愚かさのたとえ。

【釈迦に説法の解説】

【注釈】 仏教の開祖である釈迦牟尼に対して、仏法を説くという意味から。
「釈迦に説法、孔子に悟道」と続けてもいう。
【出典】
【注意】 人の意見や忠告を聞き流すの意味で使うのは誤り。
誤用例 「聞く耳を持たない彼に言っても、釈迦に説法だよ」
【類義】 河童に水練/孔子に学問/孔子に悟道/孔子に論語/極楽の入口で念仏を売る/猿に木登り/釈迦に経/仏の前の経を言う
【対義】
【英語】 The scholar teaches his master.(弟子が師匠に教える)
Don't teach fishes to swim.(魚に泳ぎを教えるな)
A sow to teach Minerva.(ミネルヴァ女神に教える豚)
※ 「ミネルヴァ女神」は知恵の神、「豚」は無能者の象徴。
【用例】 「私が先生に申し上げるのは釈迦に説法というものでしょうが、どうか聞いて下さい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス