諸行無常

【読み】 しょぎょうむじょう
【意味】 諸行無常とは、この世に存在するすべてのものは、同じ状態を保つことなく移り変わっていき、永久不変なものなどないということ。

【諸行無常の解説】

【注釈】 仏教の思想にある根本的なもので、あらゆるものは刹那(きわめて短い時間。一瞬)の間にも変化をくり返しているということ。
人生のはかなさを表す言葉であり、一般的には、世の中の移り変わりの激しさや人の死を嘆くときに使われる。
「諸行」とは、この世の一切の事物・現象のこと。「無常」とは、この世にある一切のものは常に移り変わり、不変のものはないということ。
仏法の大網である『三法印』の一つ。三法印は、「諸行無常」「諸法無我」「涅槃寂静」のこと。
宋代の仏教書『景徳伝灯録』では、釈迦牟尼仏が入滅するときに、沙羅双樹の木の下で説いたことばとされている。
『涅槃経』にある「諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅爲樂」のことを『諸行無常偈』という。
『いろは歌』にある「いろはにほへとちりぬるを」は「諸行無常」を表す。
『平家物語』の冒頭にも使われている。「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理(ことわり)をあらわす(祇園精舎の鐘の音は「世の中に不変はないと言っているように聞こえる。沙羅双樹の花の色は、盛んな者は必ず衰えることを表している。思い上がった者は長く続かない)」
【出典】 『涅槃経』
【注意】 「諸行無常」を「諸行無情」「諸行無上」「所業無常」などと書くのは誤り。
【類義】 朝に紅顔ありて夕べに白骨となる/明日ありと思う心の仇桜有為転変は世の習い万物流転/飛花落葉/無常迅速/世の中は三日見ぬ間の桜かな
【対義】
【英語】 Paul's will not always stand.(セント・ポール院も永久に存在するわけではない)
【例文】 「お茶碗が割れても、それは形あるものいつかは滅びるということ。人の生死も同じように、諸行無常であるものだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス