食指が動く

【読み】 しょくしがうごく
【意味】 食指が動くとは、物を食べたくなること。転じて、物を欲しいと思ったり、何かをしたいという気になること。

【食指が動くの解説】

【注釈】 「食指」は人差し指のこと。
『春秋左氏伝・宣公四年』にある以下の故事に基づく。
春秋時代、鄭の霊公に楚の国の人が、大きなすっぽんを献上した。
霊公に面会しようとしていた子公は、人指し指がぴくぴくと動き、「必ず珍しいご馳走にありつける」と子家に言った。
その後、子公はすっぽんの料理を食したという。
【出典】 『春秋左氏伝』
【注意】 「食思が動く」と書くのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【例文】 「もっと食指が動くような、おいしそうなものを作ってくれ」

【分類】

【関連リンク】

「食指が動く」の語源・由来

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス