正直の頭に神宿る

【読み】 しょうじきのこうべにかみやどる
【意味】 正直の頭に神宿るとは、正直な人には、必ず神のご加護があるということ。

【正直の頭に神宿るの解説】

【注釈】 神様は誠実な心をもって正直に生きる者を見守っており、必ずそのご加護があるという意味で、正直の大切さの教え。
【出典】
【注意】
【類義】 神は正直の頭に宿る/正直は一生の宝/正直は最善の策/正直者に神宿る
【対義】 偽りの頭に宿る神あり/正直は阿呆の異名/正直貧乏横着栄耀/正直者が損をする/正直者が馬鹿を見る
【英語】 Fortune waits on honest toil and earnest endeavour.(幸運は正直な勤労と真面目な努力にかしずく)
Honesty is the best policy.(正直は最善の策)
【用例】 「正直の頭に神宿るで、彼は欲のない人だが、成功することができた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス