小人閑居して不善をなす

【読み】 しょうじんかんきょしてふぜんをなす
【意味】 小人閑居して不善をなすとは、小人物が暇を持て余すと、とかく悪事に走りやすいということ。

【小人閑居して不善をなすの解説】

【注釈】 「小人」とは、「君子」に対する語であり、教養や人徳のない人のこと。
「閑居」とは、暇を持て余し何もせず日々を過ごすこと。
『大学』に「小人間居して不善を為せば、至らざる所なし」とあるのに基づく。
「閑居」は本来「間居」と書くが、現代では「閑居」のが一般的。
【出典】 『大学』
【注意】 「小人」を「しょうにん」と読むのは誤り。
「不善」を「不全」と書くのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】 Idleness is the mother of all evil.(怠惰は諸悪の母である)
An idle brain is the devil's workshop.(怠け者の頭は悪魔の仕事場である)
By doing nothing we learn to do ill.(何もしないでいる人は悪事をはたらくようになる)
【例文】 「小人閑居して不善をなすと言うが、仕事をやめてからというもの彼は毎日競馬場通いをしている。いずれ身を滅ぼすだろうね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス