少年老い易く学成り難し

【読み】 しょうねんおいやすくがくなりがたし
【意味】 少年老い易く学成り難しとは、人は若いうちから時間を惜しんで学問に励むべきだという戒め。

【少年老い易く学成り難しの解説】

【注釈】 人は、若いうちは先が長いものだと思っているが、すぐに歳をとってしまうもの。
反して、学問は容易に修めがたいものであるから、若いうちから時間を惜しんで勉学に励むべきだということ。
朱熹の詩『偶成』に「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んべからず、未だ覚めず池塘春草の夢階前の梧葉すでに秋声」とあるのに基づく。
【出典】 朱熹・詩『偶成』
【注意】 ここでの「少年」は男子だけではなく、少年少女の意。
【類義】 一寸の光陰軽んずべからず芸術は長く人生は短し/光陰人を待たず/歳月人を待たず/少壮努力せず老大徒らに傷悲す/少年に学ばざれば老後に知らず
【対義】
【英語】 Art is long, life short.(芸道は長く、人生は短い)
The day is short, and works is much.(一日は短く仕事は多い)
【用例】 「友達と遊んだり、好きなことに熱中するのも良いことだが、時間は無限ではないのだから、勉強もおろそかにしてはいけない。少年老い易く学成り難しだよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス