小の虫を殺して大の虫を助ける

【読み】 しょうのむしをころしてだいのむしをたすける
【意味】 小の虫を殺して大の虫を助けるとは、小さなものを犠牲にして大きなものを生かすこと。また、全体を生かすために一部を切り捨てることのたとえ。

【小の虫を殺して大の虫を助けるの解説】

【注釈】 全てを救うことは不可能であるから、大きなもののために小さなものを、または全体のために一部を犠牲にすることはやむを得ないという教え。
「小の虫を殺して大の虫を生かす」「大の虫を生かして小の虫を殺す」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 一将功成りて万骨枯る/一殺多生/尺を枉げて尋を直くす/小を捨てて大に就く/寸を曲げて尺を伸ぶ/大事の前の小事
【対義】
【英語】
【例文】 「会社が倒産しては元も子もないのだから、リストラは仕方ない。小の虫を殺して大の虫を助けるしか方法はない」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス