掌中の珠

【読み】 しょうちゅうのたま
【意味】 掌中の珠とは、もっとも大切にしているもの。特に、最愛の妻、わが子のたとえ。

【掌中の珠の解説】

【注釈】 「珠」はきわめて大切に思う貴重なものの意で、いつも手の平の中にある大切なものということから。
傳玄の詩『短歌行』に「昔、君、我を視ること掌中の珠の如し、何の意か一朝にして我を溝渠に棄つるや(昔あなたは私を大切な子供のように見てくれたのに、今となって珠を溝に捨てるようにどうして見放すのか)」とあるのに基づく。
「掌上の珠」とも。
【出典】 傳玄・詩『短歌行』
【注意】
【類義】 手中の珠/掌上明珠
【対義】
【英語】
【例文】 「掌中の珠のように娘を育てる」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス