駿馬痴漢を乗せて走る

【読み】 しゅんめちかんをのせてはしる
【意味】 駿馬痴漢を乗せて走るとは、釣り合った相手に出会えないことや、世の中は思うようにいかないことをいったことば。特に、美人がつまらない男と結婚することのたとえ。

【駿馬痴漢を乗せて走るの解説】

【注釈】 「駿馬」とは、足の速いすぐれた馬のこと。
「痴漢」は、馬鹿な男。おろか者の意。
名馬がつまらない男を乗せて走ることから。
『五雑俎』に「駿馬毎に痴漢を駄せて走り、巧妻常に拙夫に伴うて眠る」とあるのに基づく。
【出典】 『五雑俎』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【例文】 「あんな美女が彼と結婚するだなんて、駿馬が痴漢を乗せて走るようなものだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス