春眠暁を覚えず

【読み】 しゅんみんあかつきをおぼえず
【意味】 春眠暁を覚えずとは、春の夜は心地よいので、朝になったことにも気づかず眠り込んでしまうということ。

【春眠暁を覚えずの解説】

【注釈】 春の夜は短く、また気候もよいので、つい寝過ごしてしまうという意味。
孟浩然の詩『春暁』に「春眠暁を覚えず、処処啼鳥を聞く、夜来風雨の音、花落つること知る多少(春の眠りは心地よくて夜明けも知らず、鳥のさえずりが聞こえる。昨晩は嵐の吹く音がしたが、おそらく花がたくさん散ったことだろう)」とあるのに基づく。
【出典】 『孟浩然』詩
【注意】 春の季節以外には使わない。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「春眠暁を覚えずで、何度起こしても息子が起きない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス