出藍の誉れ

【読み】 しゅつらんのほまれ
【意味】 出藍の誉れとは、弟子が師匠の学識や技量を越えることのたとえ。

【出藍の誉れの解説】

【注釈】 「藍」は染料に使う藍草のこと。
藍草で染めた布は藍草よりも鮮やかな青色となるが、その関係を弟子と師匠にあてはめて、弟子が師匠の学識や技術を越えるという意味。
学問の重要性をうたった荀子の言葉から。
【出典】 『荀子』
【注意】
【類義】 青は藍より出でて藍より青し/氷は水より出でて水より寒し/
【対義】
【英語】 The scholar may waur the master.(弟子が師匠に勝ることもある)
【用例】 「たった数年で師匠を越えるとは、まさに出藍の誉れだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス