習慣は第二の天性なり

【読み】 しゅうかんはだいにのてんせいなり
【意味】 習慣は第二の天性なりとは、身についた習慣は、知らぬ間に深くしみこむものだから、いつしか生まれつきの性質のようになるということ。

【習慣は第二の天性なりの解説】

【注釈】 習慣が人の性質に大きな影響を与えるということ。
古代ギリシャの哲学者であるディオゲネスのことばからとする説と、古代ローマの政治家・哲学者であるキケロの『至善至高論』とする説がある。
【出典】
【注意】
【類義】 習慣は自然の如し/習慣は常となる/習い性となる
【対義】
【英語】 Custom is a second nature.(習慣は第二の天性なり)
Habit is a second nature.(習慣は第二の天性なり)
Once a use and ever a custom.(一度癖になると習慣になる)
【用例】 「習慣は第二の天性なりというから、子供のうちから規則正しい生活習慣をさせるようにしよう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス