備えあれば憂いなし

【読み】 そなえあればうれいなし
【意味】 備えあれば憂いなしとは、普段から準備をしておけば、いざというとき何も心配がないということ。

【備えあれば憂いなしの解説】

【注釈】 殷の宰相傳説の言葉。
『書経』説命中には、「これ事を事とする(するべきことをしておく)乃ち其れ備え有り、備えあれば患い無し」とある。
「憂い」は「患(い)」とも書く。
【出典】 『書経』説命中
【注意】 神仏にお供えする意味でないため、「供えあれば」と書くのは誤り。
【類義】 遠慮なければ近憂あり後悔先に立たず/事を事とすればすなわちそれ備えあり/転ばぬ先の杖/遠き慮りなければ必ず近き憂えあり/跳ぶ前に見よ/濡れぬ先の傘念には念を入れよ/降らぬ先の傘/良いうちから養生/用心に怪我なし/用心には網を張れ/用心は前にあり/予防は治療に勝る
【対義】 渇して井を穿つ泥棒を捕らえて縄を綯う/盗人を見て縄を綯う
【英語】 Providing is preventing.(供給することは防止することである)
Keep something for a rainy day.(まさかのときに備えて貯蓄せよ)
Lay by something for a rainy day.(雨の日のために何かを貯えておけ)
【用例】 「防犯グッズを買いに行こう。備えあれば憂いなしというからね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス