その手は桑名の焼き蛤

【読み】 そのてはくわなのやきはまぐり
【意味】 その手は桑名の焼き蛤とは、うまいことを言ってもだまされない。その手は食わないというしゃれ。

【その手は桑名の焼き蛤の解説】

【注釈】 桑名は三重県の地名で、それに「食わない」を掛けて言ったことば。
焼き蛤は桑名の名物であり、殻付きの蛤を枯れた松葉や松笠を燃やしながら焼いたもの。
さらに調子よく続けて「その手は桑名(食わない)の焼き蛤」と言う。
江戸時代にはすでに使われていた洒落言葉とされる。
『東海道中膝栗毛』の弥次郎兵衛・喜多八も、桑名でこの焼き蛤を肴に酒を飲んでいる。
桑名の次の宿場が四日市であることから「その手は桑名の四日市」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「僕が誰よりも素晴らしく格好いい男性だって?そう褒めて何かプレゼントをしてもらおうったって、残念、その手は桑名の焼き蛤!」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス