双璧

【読み】 そうへき
【意味】 双璧とは、どちらもすぐれていて、優劣のつけがたい二つのものや人。

【双璧の解説】

【注釈】 「璧」は環状で中央に円孔がある玉のこと。
「双璧」とは一対の宝玉のことで、相並んで美しいものや二人のすぐれた人物などのことをいう。
北魏の陸凱の二人の息子が、甲乙付け難く優秀で、一対の立派な宝玉を見たと、洛陽の長官が評したという『北史・陸凱伝』にある故事に基づく。
【出典】 『北史』
【注意】 「双壁」と書くのは誤り。
悪いことを評するのに使うのは誤り。
誤用例 「あの二人は歴史に残る凶悪犯で、犯罪者の双璧といえる」
【類義】 いずれ菖蒲か杜若兄たり難く弟たり難し/伯仲の間
【対義】
【英語】
【用例】 「あの兄弟は共にすぐれた芸術家で、油絵の画家として双璧をなす」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

双璧(そうへき)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
双璧の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス