宋襄の仁

【読み】 そうじょうのじん
【意味】 宋襄の仁とは、無用のあわれみをかけること。不必要な情けをかけたために、ひどい目にあうことのたとえ。

【宋襄の仁の解説】

【注釈】 「宋襄」とは、春秋時代の宋の襄公のこと。
「仁」は、思いやりや情けの意。
襄公が楚の大軍と対峙したとき、公子の目夷が敵の布陣がととのう前に先制攻撃を仕掛けるよう進言したが、襄公は「君子は人の難儀につけこまないものだ」と言って、敵の陣形がととのうまで攻撃命令を下さなかった。
それが原因で、楚に大敗を喫したという故事に基づく。
【出典】 『春秋左伝』 『十八史略』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「そんな不要な情けをかけるとは、まさに宋襄の仁だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス