総領の甚六

【読み】 そうりょうのじんろく
【意味】 総領の甚六とは、最初の子は大事に育てられるので、弟や妹に比べておっとりしており、世間知らずな者が多いということのたとえ。

【総領の甚六の解説】

【注釈】 「総領」とは、最初に生まれた子。一般に長男をさす。
「甚六」とは、お人よし、愚か者、ろくでなしの意。
親にとって初めてできた子は特にかわいがり、甘やかすものだが、次子のときには育児にも慣れてそれほど手を掛けなくなる。
そのため長男、長女はおっとりした性格になりがちであり、弟や妹たちはしっかりしていることが多いということ。
「惣領の甚六」とも書く。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 The younger brother hath the more wit.(弟のほうが利口である)
【用例】 「弟のほうはしっかり者だが、兄のほうは総領の甚六といった感じである」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

総領の甚六の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス