据え膳食わぬは男の恥

【読み】 すえぜんくわぬはおとこのはじ
【意味】 据え膳食わぬは男の恥とは、女性のほうから言い寄ってくるのを受け入れないのは、男の恥だということ。

【据え膳食わぬは男の恥の解説】

【注釈】 食べてくださいと差し出された膳に手をつけないのは男の恥であることから。
「据え膳」とは、すぐ食べられるように支度が整えられた食膳のこと。転じて女性から持ちかけられた情事のことをいう。
「据え膳食わぬは男の内ではない」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 据え膳と河豚汁を食わぬは男の内ではない
【対義】
【英語】 It is time to set in when the oven comes to the dough.(かまどの方がパン生地の所へやってきたら、パン生地をかまどに入れてやる時だ)
【用例】 「据え膳食わぬは男の恥というが、私には三度ほど経験がある」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス