過ぎたるは猶及ばざるが如し

【読み】 すぎたるはなおおよばざるがごとし
【意味】 過ぎたるは猶及ばざるが如しとは、度が過ぎることは、足りないことと同じくらい良くないということ。

【過ぎたるは猶及ばざるが如しの解説】

【注釈】 何事も程ほどが肝心で、やり過ぎることはやり足りないことと同じように良いこととは言えない。
良いと言われることでも、やり過ぎは害になるということ。
『論語・先進』にある、孔子が二人の門人子張(師)と子夏(商)を比較して言った言葉に基づく。
「水準を越した師も水準に達しない商も、ともに十全ではない。人の言行には中庸が大切である」と説いたという故事から。
「過ぎたるは及ばざるが如し」ともいう。
【出典】 『論語』
【注意】
【類義】 及ばぬは猶過ぎたるに勝れり/薬も過ぎれば毒となる/彩ずる仏の鼻を欠く/大吉は凶に還る/名の木も鼻につく/念の過ぐるは無念/分別過ぐれば愚に返る礼も過ぎれば無礼になる
【対義】
【英語】 More than enough is too much.(十分以上は多過ぎる)
The orange that is too hard squeezed yields a bitter juice.(オレンジを強く絞り過ぎると苦いジュースができる)
Too much of one thing is not good.(何事によらず過度は良くない)
【用例】 「いくら体にいいからといって、一日に4リットルも水分を摂取するなんて、やりすぎだよ。過ぎたるは猶及ばざるが如しだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス