粋が身を食う

【読み】 すいがみをくう
【意味】 粋が身を食うとは、遊里や花柳界などの事情に詳しくて、もてはやされ得意になっている人は、やがて深入りし身を滅ぼしてしまうという戒め。

【粋が身を食うの解説】

【注釈】 「粋」とは、遊里や芸界に通じていて、言動が垢ぬけている人のこと。
「花柳界」とは、芸者・遊女の社会のことをいう。
『江戸いろはかるた』の一つ。
「粋は身を食う」ともいう。
【出典】
【注意】 「いきがみをくう」と読むのは誤り。
「酔が身を食う」と書くのは誤り。
【類義】 芸は身の仇/芸は身を破る/鳴く虫は捕らる
【対義】 芸は身に付く/芸は身を助く
【英語】
【用例】 「粋が身を食って、結局は財産を全部失ったことを後悔している」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス