水魚の交わり

【読み】 すいぎょのまじわり
【意味】 水魚の交わりとは、水と魚が切っても切り離せない関係であるように、離れることのできない親密な間柄のこと。また、夫婦の仲がむつまじいことのたとえ。

【水魚の交わりの解説】

【注釈】 三国時代の蜀の王、劉備が諸葛孔明と自分の間柄について、「孤(君主の自称)の孔明あるは、猶魚の水有るがごとし」と言ってなだめた故事から。
もともとは君臣の間柄で使われていたが、今は夫婦や友人関係など一般的に用いられる。
【出典】 『三国志』蜀志 諸葛亮伝
【注意】 どんなに親密な関係になっても、一時の交流において用いるのは誤り。
誤用例 「昨日出会った女性とは、水魚の交わりのような関係になれた」
【類義】 魚と水鴛鴦の契りお前百までわしゃ九十九まで偕老同穴管鮑の交わり金石の交わり/琴瑟相和す/金蘭の契り/形影相伴う/膠漆の交わり/心腹の友/水魚の親/断金の契り/断金の交わり断琴の交わり/天に在らば比翼の鳥、地に在らば連理の枝/莫逆の友/比翼の鳥/比翼連理/刎頸の友/刎頸の交わり連理の枝
【対義】
【英語】 A Damon and Pythias friendship.(ダモンとピュティオスの仲=無二の親友)
【用例】 「あの夫婦は40年間ずっと、水魚の交わりを続けてきた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス