酸いも甘いも噛み分ける

【読み】 すいもあまいもかみわける
【意味】 酸いも甘いも噛み分けるとは、人生経験を積み、人情に精通し、世の中の裏も表も知り尽くしていることのたとえ。

【酸いも甘いも噛み分けるの解説】

【注釈】 酸っぱいものと甘いものを味わい分け、その良さも悪さもよく知っているということから。
「酸いも甘いも知っている」「酸いも甘いも知り抜く」とも。
【出典】
【注意】 「酸いも甘いも嗅ぎ分ける」というのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「この作品の良さは、酸いも甘いも噛み分けた大人にしかわからない」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス