好きこそ物の上手なれ

【読み】 すきこそもののじょうずなれ
【意味】 好きこそ物の上手なれとは、どんなことであっても、人は好きなものに対しては熱心に努力するので、上達が早いということ。

【好きこそ物の上手なれの解説】

【注釈】 誰でも好きでやっていることは一生懸命になるし、それに関して勉強したり工夫したりするので、自然に上達するものである。
芸事は、無理して嫌だと思いながらやっても、成長はないということ。
「上手なれ」の「なれ」は「なり」の未然形で、「こそ」に応じた係り結び。
「好きこそ上手」「好きこそ物の上手」ともいう。
【出典】
【注意】 「好きこそ物の上手になれ」というのは誤り。
【類義】 好きは上手の元/道は好む所によって安し
【対義】 下手の馬鹿好き/下手の横好き/下手の悪好き
【英語】 Who likes not his business, his business likes not him.(自分の仕事を好きじゃない者は、仕事からも愛されない)
【用例】 「好きこそ物の上手なれとは言うが、彼はわずか半年であれほどまでに極めたのだから、たいしたものだね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス