脛に傷持つ

【読み】 すねにきずもつ
【意味】 脛に傷持つとは、人には隠しているやましい事や、過去に悪事を働いてうしろめたいことがあること。

【脛に傷持つの解説】

【注釈】 他人からは目の届かない向こう脛に傷があるの意味から。
「脛に傷を持つ」とも。
「すね」は「臑」、「きず」は「疵」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 足に傷/傷持つ足
【対義】
【英語】
【用例】 「私も脛に傷持つ身なので、とやかくは言えない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス