捨てる神あれば拾う神あり

【読み】 すてるかみあればひろうかみあり
【意味】 捨てる神あれば拾う神ありとは、見捨てられることがあっても、一方で助けてくれる人もいる。たとえ不運なことや困ったことがあっても、悲観することはないというたとえ。

【捨てる神あれば拾う神ありの解説】

【注釈】 世の中には様々な人がいて、自分のことを見限って相手にしてくれない人もいれば、その一方で救いの手を差し伸べてくれる人もいる。
日本には八百万の神がいるのだから、不運なことや非難されるようなことがあっても、くよくよしなくてもよいという教え。
「捨てる」は「棄てる」とも書く。
「捨てる神あれば助ける神あり」「捨てる神あれば引き上げる神あり」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 浮き世に鬼はない/地獄にも鬼ばかりはいない/倒す神あれば起こす神あり/月夜半分闇夜半分/月夜も十五日、闇夜も十五日/寝せる神あれば起こす神あり/仏千人神千人/渡る世間に鬼はなし
【対義】
【英語】 That one will not another will.(甲が欲しくないことでも、乙が欲する)
When one door shuts, another opens.(一方のドアが閉まると一方のドアが開く)
【用例】 「就職試験に落ちたからと言って、そんなに落ち込む必要はないよ。その会社の面接にはたまたま落ちたけれど、他に君を必要とする会社が必ずあるはずだ。捨てる神あれば拾う神ありというじゃないか」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス