杜撰

【読み】 ずさん
【意味】 杜撰とは、著作物などで、典拠の正確でないこと。いい加減に書かれていたり、誤りが多いこと。転じて、仕事のやり方などがぞんざいで、いい加減なこと。

【杜撰の解説】

【注釈】 「杜」とは、中国の詩人・杜黙のこと。
「撰」とは、詩文を作るという意味。
『野客叢書・杜黙』に「杜黙詩を為るに、多く律を合わず。故に事の格に合わざるものを言いて杜撰と為す(杜黙の作った詩は、規則に合わないものが多かった。それで、物事の規律に合わないものを杜撰というようになった)」と記されている。
「ずざん」とも読む。
【出典】 『野客叢書』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「杜撰きわまりない、日本の政治」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス