大事の前の小事

【読み】 だいじのまえのしょうじ
【意味】 大事の前の小事とは、大きな事を成しとげようとするときは、小さな事を軽んじてはならない。ちょっとした油断が大失敗を招くという教え。
反対に、大きな事を成しとげようとするときは、小さな犠牲にはいちいち構っていられないということ。

【大事の前の小事の解説】

【注釈】 小さな事を軽んじてはならない意味では、大きな事を成す前には必ず小さな事があり、その小さな事の積み重ねが重要だといっている。
小さな犠牲には構っていられないことの意味では、大きな事を前にしたら、取るに足りない小さなことなどどうでもよいといっている。
【出典】
【注意】 「大事」を「大事件」の意味で用いるのは誤り。
誤用例 「この出来事は何か不吉な出来事を暗示を示しているのかもしれない。大事の前の小事というからな」
【類義】 一殺多生/尺を枉げて尋を直くす/小の虫を殺して大の虫を助ける/小を捨てて大に就く/寸を曲げて尺を伸ぶ/大事は小事より起こる
【対義】
【英語】
【用例】 「大事の前の小事というから、その問題を無視して進めるわけにはいかない」
「大事の前の小事だ。今は君の不平不満になど構っていられない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス