大吉は凶に還る

【読み】 だいきちはきょうにかえる
【意味】 大吉は凶に還るとは、幸運はほどほどでよいことのたとえ。また、よいことばかりは続かないという戒め。

【大吉は凶に還るの解説】

【注釈】 易の卦から出た言葉で、陽の卦が極点に達するとそれ以上の吉がないことから、かえって凶に近づくということ。
「大吉は小凶に近い」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 及ばぬは猶過ぎたるに勝れり/薬も過ぎれば毒となる/最上は幸福の敵/過ぎたるは猶及ばざるが如し月満つれば則ち虧く/名の木も鼻につく/日中すれば昃き、月盈つれば食く/満は損を招く/盈つれば虧く/身に過ぎた果報は災いの基/陽極まって陰生ず
【対義】
【英語】 The best is the enemy of the good.(最善は善の敵)
【用例】 「大吉は凶に還るというから、あまりにも思い通りに事が運ぶと、かえって不気味だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス