大根を正宗で切る

【読み】 だいこんをまさむねできる
【意味】 大根を正宗で切るとは、大げさなことをするたとえ。また、才能のある人につまらない仕事をさせることのたとえ。

【大根を正宗で切るの解説】

【注釈】 「正宗」とは、鎌倉時代の名高い刀工岡崎正宗が鍛えた刀のこと。
たかが大根を切ることに、正宗のような名刀を使う意味から。
「正宗の刀で大根切る」ともいう。
「切る」は「斬る」とも書く。
【出典】
【注意】 「大根を政宗で切る」と書くのは誤り。
【類義】 牛刀を以て鶏を割く/大器小用/鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん/正宗で薪を割る/痩せ虱を鑓で剥ぐ
【対義】
【英語】 To employ a steam-hammer to crack a nut.(くるみを割るのに蒸気ハンマーを使う)
He builds cages fit for oxen, to keep birds in.(小鳥を飼うのに牛が入るような籠を作る)
【用例】 「彼にそんな仕事を押し付けるのは、大根を正宗で切るようなものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス