断じて行えば鬼神も之を避く

【読み】 だんじておこなえばきしんもこれをさく
【意味】 断じて行えば鬼神も之を避くとは、固い決意をもって断行すれば、何ものもそれを妨げることはできないというたとえ。

【断じて行えば鬼神も之を避くの解説】

【注釈】 「鬼神」とは荒々しく恐ろしい力を持つ神霊のことで、断固たる決意をもって行動すれば、鬼神でさえその勢いに押されて、道をよけるという意味。
秦の始皇帝の死後、趙高が陰謀を画策し、太子胡亥をそそのかし、公子扶蘇を殺して帝位に就くことを強要したときの言葉。
『史記・李斯伝』に「断じて敢行すれば、鬼神も之を避く」とあるのに基づく。
【出典】 『史記』
【注意】 「断じて行えば鬼神も之を裂く」と書くのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「自分が本当に進みたい道ならば、親や恩師に反対されたからと言って簡単に諦めるものではない。断じて行えば鬼神も之を避くというものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス